コンテンツ

京都府で高校卒業資格をとるには

京都の高校卒業資格が取れる学校数は数は、104校で公立63校、私立40校である。定時制は13校、通信制は5校である。専門学校の数は、総数55校で公立4校、私立51校である。高校退学者率は2%である。高校卒業後の進路は大学が64%、専門学校14%、就職が8%である。特に通信制高校から就職するのは京都では難易度が高いようです。大学進学率は東京に次いで全国2位の数値で就職率は、全国でも低位に位置している。その原因は、京都府は観光立県なため、製造業が少ないイメージになるのと同時に、小さい頃から旅行者が多くいろんな県の方と触れ合うことで、冒険心が大きくなり、進学して一人で何でも行うと言う考えを持っている方が多いと考えられると同時に、大阪や東京などに交通の便が良く、簡単に出ることが可能だからと考えられる。
 

京都府で高校卒業資格をとる土地の状況

 昔から今日の都として栄えた京都。人口は約261万人で、面積は、4613平方㎞である。京都府は先の大戦でほとんど被害を受けずに、建物がそのまま存在していて、古き良き街並みと近代的な建物の調和がなされている街である。

京都の主な産業としては観光で京都市を中心に、京都府全域が観光スポットになっていて、修学旅行の定番地にもなっている。京都府の観光客数は、約2621万人でそのうち外国人観光客は約86万人です。その中の京都市の観光客数は、約1221万人でそのうち外国人観光客は約84万人にもなり、京都府の全人口の約10倍の人が訪れる日本を代表する観光地で、世界でも有名な観光地である。京都府では、京都市を中心に世界遺産登録されていて、国宝級の寺社仏閣が48件60棟存在する。その多くに歴史的価値があり、京都市内を観光すれば、すぐに、目にすることが出来るくらいまとまってあるが1日で全てを見学する事は無理なほど多く存在する。また北部地方には、天橋立や保津峡など風光明美は観光地もありいろいろな側面がある府と言える。

 また、農業面でも有名であり、丹波の黒豆や国産松茸など高級品が出回っている。また、昔から作られている、京野菜は人気が非常にあり、関東や関西の料亭にも出されるほどである。